スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たってます。

ガス給湯器の取替工事をしてきました。

野外据置型の隣接設置オートタイプ20号給湯器でした。

P8081729.jpg

本体の機械式弁がきちんと開閉が出来なくなり、浴槽に少しずつ水が漏れ出している状態でした。

給湯器の寿命は平均で10年といわれていますが、この給湯器は20年以上前に取り付けられていました。

とても頑張ったほうで、お施主様も「よく頑張ってくれた」と褒めていました。

早速工事開始です。

DSC_1125.jpg

あっと言う間に取替え完了!

P8271809.jpg

中のリモコンも取替えてキレイになりました。

浴室リモコンです。

P8271804.jpg
P8271807.jpg

キッチン側のリモコンです。

P8271803.jpg
P8271806.jpg

試運転と取り扱いの説明をさせていただき、工事は無事完了です。

最後に外部から現場を見廻していると、んっ!何か違和感が。

見上げていくとお隣の家がだいぶ傾いてきて倒れてきています。

お施主様と見ていると、当たりそうになっているような

上階へ上がり窓を開けてみると、なんという事でしょう

DSC_1128.jpg

すでに当たって凹んでいました

地震のときにでも揺れて当たったのかもしれません。

最近地震の大きいのがかなりの確立で、近い将来くるといわれています。

お施主様はえらいことだと青ざめていました。

地震のときは地震保険に加入していれば何とかなるかもしれませんが、ご自身は入っていないそうですし、隣地の方が入っているかは・・・。

ましてや自分の家せいではないのに命の危険があるなんて。

こういった場合、隣地の方に言って何とかしてもらうしかありませんが、正直解決は難しくなります。

土地の上に出ている物が、隣地から境界を越境してきていても、こちらがそれを撤去または処分することは出来ません。

植物の根などの地中なら撤去は可能なのですが。

よって、今回は隣地の方の対応に期待するしかありません

大掛かりな傾きを直すリフォームをするか、家を壊さないと完全な解決は難しいと思います。

お金がたくさん掛かることなので、相手の方も急に言われても対応できないかもしれません。

すぐには解決出来ない問題です。

今回のことで家をきちんと建てることの大事さと、施工がきちんとされていない家の恐ろしさ、そして命に関わる大事な仕事をしているということを痛感した出来事でした。

夏合宿

岡田会(仮)なる団体で、グアム夏合宿に行って参りました

DSC03076.png

恥ずかしながら人生初の海外旅行です

深夜にホテルに到着。

夜明けを待って早速ビーチに向かいます。

DSC03077.png
DSC03078.png
DSC03079.png

海の綺麗さにビックリしました

まずはビールを飲みながらくつろいでから、少し海でシュノーケリングを楽しんで珊瑚と魚を見て楽しみました。

海からあがると海パンのポケットに入っていないはずの携帯が

ご臨終でした

引きずりながらも気を取り直して、人生初のバナナボートに挑戦しました

DSC03080.png

感想は、気持ちがいいけど落ちた後がしんどい

落ちたあと4人が何とかよじ登って一番重い人を乗せようとがんばっていると、反対方向に全員落ちてしまい、完全にコントでした。

オジサンたちがやる遊びではないみたいです

水曜の夜にしかやっていない「チャモロナイトマーケット」に行ってきました。

建物の中では地元の方たちでしょうか?楽しそうに踊っていました。

DSC03082.png

プレートでグアムB級グルメとBBQとビールをいただきました。

DSC03083.png

やはり食べたことのない味で、なんと表現したらよいのか微妙な味でした。

海外といえば男ならやっぱりこれでしょう

357マグナムです。

DSC03084.png

予想していたよりは衝撃もなく、耳あてのおかげで音は「パン、パン」という程度でした。

銃はこんなに簡単に撃ててしまうんだと、少し複雑な気持ちもありました。

腕前はこんなもので、結構上手だと言われました

DSC03124.png

後ろに写っている普通の物ではなく、何故かメキシカンなハットを被らされての記念写真です。

DSC03087.png

変なテンションだったのでしょう、変な顔になってます

ホテルはこんな感じでした。

photo_01.png

プールは水平線を一望できるものでこんな感じ。

photo_02.png

ステキな景色を眺めながら日焼けした体をクールダウン。

手前でまるで「あれ」の様に浮いているのが私です

DSC03081.png

ホテル前のエッグスンシングスというお店に行列が出来ているので、朝食を食べようと入ってみると、みんなが注文しているのはクリームが大量に乗ったパンケーキ

img04.png

夜遅くまで飲んだオジサンたちには無理

ということでハワイアンロコモコを全員が注文。

DSC03112.png
DSC03110.png

めっちゃ重そうやん!とつっこまれそうですが

オジサンたち好みの味で抜群に美味しかったです。

後で知りましたがハワイの有名なお店で、今年の4月にオープンしたばかりでグアムでもあのパンケーキが食べられると女性に大人気だそうです。

車を借りて観光にも行ってきました。

恋人たちが愛を誓い合い、鍵を付ける恋人岬。

オジサン6人が売店も開かない早朝から「何か」を誓い記念撮影。

DSC03117.png
DSC03113.png
DSC03116.png

野生の巨大トカゲを発見して、爬虫類が苦手な私はびびってしまいました

絶滅危惧種のココバードがいるというココス島・・・には行かずに港から撮影。

DSC03099.png
名称未設定-1のコピー

ビーチの管理人で、ココス島で働いていた現地の人が「行っても本当に何もない島だよ」と言っていたので予定変更です。

何故か一人だけ正装という優しいドッキリをされました。

DSC03102.png

初海外の人には恒例らしいです。

そしてそのまま飲みに行っての記念撮影。

DSC03104.png

日本でほとんど飲まなかったコロナビールですが、料理の味が濃いのか、こちらで飲むと何故か格別に美味しいです。

ビーチで、レストランで、ドライブ中の車内で、帰ったホテルでと3日間本当によく飲みました

よく日本食が恋しくなるといいますが私もその通りで、早朝日本に帰ってまず最初に食べたものが朝マックでした。

そして3日間忘れたことがなかった、金庫で乾燥させられた携帯を抱えながら、ソフトバンクに向ったのでした

大人になっても勉強です。

勉強に行って参りました

場所は人生初の新潟県です。

DSC_1036.jpg

実は半月ほど前にも博多まで勉強に行ってたんですけどね

DSC_1006.jpg

こちらは新幹線でした。

DSC_1005.jpg

新潟と博多の工務店さんどちらも写真のUPはNGですので詳しい内容は語れません

企業秘密的な部分が多くありますので簡単には公開できないのです。

新潟での夕食は社員の方々が地元で取れた材料で、料理とお酒を振舞ってくれました。

DSC_103A.jpg

米所の新潟ですから、水が美味しいので食べ物は何でも美味しいらしく、昼のお蕎麦もすごく美味しかったです。

本当にありがたいことです。

偶然というか、運命というか、ありがたい出会いもありました

以前あの大改造○劇的ビフォーアフターで「匠」として出演されていた村尾先生がいらっしゃったのです。

夜は一緒に飲みに行き、いろいろとお話を聞かせていただきました。

DSC_1040.jpg

台湾で本格的な日本住宅を造るプロジェクトの依頼を受けられているとのことでした。

大阪で設計事務所をされていますので、今度遊びに行かせて頂く約束をしました

海の近くでしたので魚が美味しい!お米が美味しい!となればやっぱりこれでしょう!

DSC_1039.jpg

生きた甘エビを始めて頂きましたが、口に入れると甘さと磯の香りが広がり、とてもとても美味しかったです

その他のネタも大満足でした。

そして新潟一番の繁華街!二人は夜の街に溶け込んで行くのでした

2日目は木材の加工場なども見学させていただき、大変勉強になりました。

行きは小さめのジェット機でしたが

DSC_1032.jpg

帰りは小学校低学年の里帰りのときにすごく揺れて、怖くて泣きまくっていたらしいプロペラ機でした

DSC_1042.jpg

通路もなく直接歩きで乗り込みました。

揺れましたが無事に到着。

さすがに泣きはしませんでした

今後の家造りに活かせる勉強をここ数ヶ月してきました。

来月から八尾の天王寺屋で現場が始まりますので、がんばりたいと思います

なんてっこた!タイヤが!

車のタイヤがパンクしてました!

昼前に仕事で出かけようと車に乗り込むと、なんだか違和感あり。

発進すると左前方からゴロゴロと嫌な音が

止めて見てみるとタイヤはペチャンコでこんなものが刺さってました

DSC_0974.jpg

分かりにくくてすいません。何か大きな金属です。

このまま車屋さんに運転していくとホイールが歪んでしまうので、スペアタイヤに交換です。

トランク下からスペアタイヤとジャッキ等を取り出し、車を浮かせる作業開始です

DSC_0973.jpg

パンクしたタイヤを外します。

DSC_0975.jpg

スペアタイヤを取り付けます。

ボルト締めの順番は対角線順に締めていきます。

DSC_0976.jpg

車を下ろして作業完了です。

こんな感じです。慣れたものでしょ

DSC_0977.jpg

青山通りのイエローハットに急行です。

タイヤも寿命に近いとの診断が。

ついでに全部交換してもらいました

DSC_0978.jpg

昨日は仕事で奈良市の針町まで西名阪を使って往復していました。

高速を降りた後に金属が刺さったのか分かりませんが、高速を走行中でなくてよかったです

オクトーバーフェスト?

初めて大阪オクトーバーフェスト2014に行って来ました

DSC_0960.jpg

今は10月ではないのにこの名前

ドイツのミュンヘンで9月中旬から10月の第一日曜日に行なわれる、世界最大のビール祭りのことをオクトーバーフェストといい、固有名詞みたいなものなので、日本で何月に行なってもビール祭りはこの名前で良いそうです

その始まりはバイエルン王国国王ルートビッヒ1世とテレーゼ王妃の成婚を記念して、1810年10月12日から6日間にわたって競馬会を催し、領民にビールを振る舞ったのが始まりだそうです。

日本ではドイツのビールとソーセージがメインのお祭りです

日本のビールと違い、各社色々なテイストがあり、ドイツはビールが約5000種類あるそうです。

私は容器の可愛いアルコブロイのコロネイター(¥1,300)を選択

DSC_0961.jpg

飲んでビックリまるでカカオのような風味正直ビールとは思えませんでした

日本のビールとは全然違います。

食べ物はやはりソーセージがメインです。

DSC_0962.jpg

その後もケーニッヒなどを飲みましたが、飲んだことのない味ばかりでした。

すぐ横の舞台では音楽と踊りが披露され、乾杯の音頭が何回もありました。

DSC_0963.jpg

雨の中だったのでお客さんは少なめでしたが、濡れながら踊っている若者たちを見て感心してしまいました。

オジサンにはもう出来ません

気温も寒かったので震えながらの初ビール祭りはちょっと不発に終わってしまいました

でも、もうすぐ高島屋のビアガーデンが始まりますので、それを今年もみんなで行こうと計画中

集まって飲むのが大好きなオジサンたちです

銭湯デビュー

次男が銭湯デビューです

新柏原温泉前にてハイポーズ

DSC_0945.jpg

小学校からの友人の尾堂家長男長女と岡田家長男次男の計6名

脱衣所で偶然に友人の岡田君ともばったりで合計7名の大所帯に。

子供たちのお気に入りは、半屋外にある浅い漢方風呂とけっこう深い水風呂を行ったり来たり。

次男は水風呂の冷たさに逃げ出しました

他のお客さんが水風呂に来たら、ご迷惑が掛からないように漢方風呂へ避難。

子供は人数が増えると大きな声で騒ぐので「シー」と注意。

洗って葺いて着せて乾かしてと大忙し

ご所望のジュースとアイスを謙譲してやっと一息。

私はビールを頂いて「このために生きている」と実感

リラックスもつかの間、尾堂家長女がソファーの背もたれに立っていると、滑り落ちて床に顔面強打

鼻が痛いと泣いたけど大丈夫でした、がお父さんのお怒りMAX

近所のだだの銭湯ですが、子供といるといろいろあって飽きませんね

すごいトイレ。

先日、商社の商談会に行って来ました。

毎年4月中頃に催されます。

そこには住宅関係の各メーカーが新商品の説明のために来ています。

各社の熱い商品説明が繰り広げられるなか、ひときわ目を引いたのがこれ

DSC_0894.jpg

約72000個のスワロフスキー・エレメントを使用してキラキラのSATISにデコレーションされていました。

DSC_0895.jpg

「もっとトイレ選びに楽しさを」とのコンセプトだそうです。

皆さん珍しがって写真を撮っていました。

さて、機能性という面で目を引くキッチンがありました。

DSC_0897.jpg

キッチン下部の収納量が半端じゃありません

2段式になっていて上が小さな棚になっていました。

少しのデットスペースも逃さない設計ですね。

さらに扉は傾いて出てきて醤油などのボトル類は、取り出しやすいように傾いています。

吊戸棚はあまり使わないものを入れておくことが多いと思います。

そこで戸棚の下部分を有効活用した「クイックポケット」

DSC_0896.jpg
クイックポケット

引出しを開け閉めしなくても調味料が使えるので、調理のリズムをくずさず快適に作業できます。

また、使い終わった調味料がすぐに戻せる位置にあるから、あと片付けもラクになります。

そして調理中のちょっとした物置棚としての「クイックパレット」

クイックパレットのコピー

下段は濡れたものを置けるように水切り棚になっています。

これで料理の途中で作業スペースが無くなってきた時の仮置場ができます。

2つとも吊戸棚の収納量をほとんど減らすことなく設置可能。

システムキッチンの進化が止まりません。

きっと奥様たちの飽くなき要望に答え続けた結果生れたものなのでしょう

合格!

合格証書が届きました

DSC_0899.jpg

早速2級建物アドバイザーの申込をしました。

今度は本物の建物を使って、建物の傾きやシロアリ被害の有無、基礎のひび割れなどについて実際に器具を使っての計測を行なうそうです。

測定値によって建物の状態を客観的に評価するための講習です。

また御報告します

5・6年ぶりのゴルフ

八尾不動産研究会のゴルフコンペに参加してきました

IMG_38604219974320.jpeg

奈良の杜というゴルフ場で景色もよく、今の季節ならではの桜並木のカート道等もあり綺麗なゴルフ場でした。

DSC_0900.jpg

天候も良く、初夏のような陽気で半袖でも十分でした

一緒にまわらせて頂いた川崎さん、美馬さん、磯西さん、とても楽しかったです。

ありがたいことです

10247501_876106872405943_4050801898169560150_n.jpg

あまりにも久しぶりなのに加え、1組目だったので皆が見ている中での最初の一振りは緊張しました

まあ、その後は野となれ山となれで何とか無事にラウンドを終えることが出来ました。

スコアは120と過去最低をたたき出してしまいました

秋のコンペでリベンジしたいと思います。

入浴後の会食で表彰式が行なわれ、私はWPの恩恵で10位の賞金を頂きました。

みなさんお疲れ様でした。

幹事の百谷さん本当にお疲れ様でした。

その後八尾に帰り、いつものメンバーで夜の街に溶けていくのでした

隣地境界のお話

境界ブロックが邪魔とのことで壊してきました。

DSC_0879.jpg

土地と土地の間にブロック塀がありませんか

だいたいの境界ブロックの中心が境界を表示していたりします。

稀に、ブロック塀の端が境界を示す場合もあります。

もっと稀に、ブロックが境界とは関係なかったりもします。

「このブロック塀はあっちが勝手に造ったもので、こっちは境界だとは認めていない」なんてこともあったりします。

最近の中古住宅や土地の売買では、売主の方に隣地との境界を確定してもらことを条件とした取引が多くなってきました。

境界で揉めていると買主が嫌がってしまうので、不動産はなかなか売れません。

みんな揉め事に自ら関わりたくはありませんもんね

ましてやこれからお隣さんとなる人ですから。

だから、売却を急ぐのに境界で揉めているときは、先に売りたいと思った方が境界と土地を譲って涙を呑みます

今は筆界特定制度というのがあり、筆界特定登記官がもともとあった境界を調査して特定してくれます。

以前は民事訴訟をおこして判決が出るまでに、だいたい2年程度かかっていました。

この制度だと1年程度と短縮でき費用も少なくすみます。

ですが、この制度自体に法的な効力はありません

お互いが感情的ではなく、境界がわからないのを解決する為の手段の1つでしかありません。

しかし、専門家が調査判定を行っているので、裁判での重要な資料としては利用できるでしょう。

結局は本気で揉めているときには、裁判で解決するしかないのです。

なんでも揉め事は無いのが一番ですね

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 岡田専務のブログ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。