スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シール打ち替え工事

2013/07/12

ご近所から外壁の中が見えてしまっているとの相談がありました。

サイディングの目地部分は、経年劣化によって剥がれてきます。

そこから雨水が浸入してしまうので、目地材を打ち直します。

まずは足場を組みます。
DSC_0348.jpg

目地材を撤去します。
DSC02857.jpg

撤去された目地材です。硬化してボロボロです。
DSC02856.jpg

フライマーを塗って目地材がよく馴染むように処理します。
DSC02855.jpg

目地材を注入してマスキングテープを剥がして打ち替え終了です。
DSC02859.jpg

足場を外して工事完了です。
DSC02861.jpg

猛暑の中、皆さんお疲れ様でした。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。