スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎配筋立上り部分

基礎の立上り部分の異形鉄筋です。



縦に並んでいる鉄筋を上で曲げています。こうすることで、コンクリートと鉄筋との付着力が上がり、頑丈な基礎が出来ます。

さらに、この部分の鉄筋にD13(直径13ミリ)を使用しています。

普通の工務店では、公庫基準によりD10を使い、フックも付けません。

ですが、家の最低限度を決めただけの基準に従っても、最低限の家しか出来ません。

家は「安かろう、悪かろう」では命や健康を守れません。

細かいことですが、フックは少し斜めに造っています。



鉄筋のかぶり厚さを確保するためで、ちゃんとした家を造るには、細かな配慮が必要になります。

これは、ハンチと呼ばれる基礎の角に造る補強部分の鉄筋です。



出来上がるとこうなります。頑丈そうでしょう



頑丈な基礎を造るのに必要なのですが、最近はほとんど見なくなりました。

最低限の家造りのためには、沢山の見えない大切な部分が消えていきます。

見えない部分でこそ、その工務店の家とお客様に対する姿勢が分かります。

ですから、見えない所が大事なんです

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 岡田専務のブログ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。