スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床下配管「さや管ヘッダー工法」

ブルーとピンクの配管がありますね。



これは、ブリジストン製のさや管で、樹脂製のさや管の中に給水管や給湯管を通した二重構造になっています。

水がブルーでお湯がピンクになっていて、分かりやすくなっています。

中の給水管も樹脂製なので錆びることがなく、軟らかくて曲げやすく、鋼管のように継ぎ手がいらないので、水漏れの危険性が少なくなります。

また、中の給水管が劣化した場合、抜き出して簡単に交換できるので、壁や天井などを壊す必要がありません。

これがヘッダー部分です。



ヘッダー工法とは、給水管からつながったヘッダー部分から、給水・給湯を一元的に分配し、各水栓まで供給することです。

ヘッダーから各給水栓まで途中に分岐がないので、複数の水栓を同時に使用した場合でも、水量変化が少なく、安定した給水、給湯量が得られます。

曲がりくねった配管でも継手が無く、ヘッダー部分も簡単には抜けない構造になっていますので、安心して使えます

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 岡田専務のブログ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。