スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外壁防水工事の要

外壁防水工事で最も注意すべき所が何ヵ所かあります。外壁と開口部との取り合いなどにできる、面交点でのピンホールです。

これは、防水シートをカットして折り込むところにできる防水としての穴です。

サイディング外壁での雨漏りの原因で、多いのがピンホールからの雨水の侵入です。屋根からは13%程度で72%以上が外壁からの雨漏りです。

そこでピンホールを無くすために、これが使われています。ウェザータイト、窓の下にある緑色のものがそうです。



ベランダ用がこれです。





シートを貫通する配管用がこれです。



雨漏りの原因として多いのが以上の場所で、それぞれ専用のウェザータイトがあります。

雨漏りは、すぐに気付くことができれば被害は少なく出来ますが、なかなか分からないことも多く、木が腐っていたりと被害が大きくなることもあります。

今の住宅は全体で荷重を支えていますので、すぐにはこけたりしませんが、腐った木では地震に耐えることなど出来ません。

しっかりとした雨漏り対策をしている住宅を選ぶことは、大切な家族の命と財産を守ることにもなります。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 岡田専務のブログ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。