スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根工事

上之島町南の屋根工事です。
DSC_0525.jpg

まず、屋根の下から防水のためのルーフィングを貼ります。

このときに注意したいのは、下のルーフィングとの重ね幅で100ミリとします。

ルーフィングの留め付けにはタッカー(ホッチキスの針の大きいやつ)を使い、300ミリ間隔以内で留め付けます。

そして、屋根材を貼っていきます。今回はカラーベストを使用しています。
DSC_0523.jpg

因みに屋根材についてですが、一般の方には耳を疑うような屋根材メーカーの話があります。

屋根材メーカーは、「屋根材自体に防水性はありません」と言い切って製造販売しています。

それは何故か?

実は本来、屋根材は防水層を保護する目的で造られており、防水性を持っていません。

屋根材はその勾配(傾き)によって雨を下に流しているだけなのです。ですから屋根材によって推奨傾きが違います。

一番傾きが少なくてもいいのは、亜鉛鉄板等のブリキ屋根やガルバニウム屋根で、瓦屋根はたくさん傾けなければなりません。

鉄板は上から下まで一枚ものの場合が多くて隙間が無く、雨水もすばやく流れるため、傾きはあまり必要としません。

瓦は隙間が多く、部材が小さいため雨が入りやすく、風が強い日には逆流して入ってきてしまいます。昔は土を乗せていたので入ってきた雨水を吸収して下に漏れ難くし、晴れた日に乾いていました。

つまり、防水性は屋根材の下にあるルーフィングが担っているのです。

いつも屋根材に隠れて目立たない緑色のルーフィング君が、本当は主役級の働きをしているのでした。
DSC_0524.jpg

そして御幣君は、その下で誇らしく東を向いて佇んでいました。
DSC_0526.jpg

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 岡田専務のブログ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。