スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無添加住宅

難波の住宅展示場に行って参りました。
DSC02891.jpg

前から気になっていた無添加住宅さんにお邪魔してきました。
DSC02874.jpg

小屋組です。これだけ丸太を使っているとログハウスのようにも見えます。
DSC02876.jpg

梁の中心部分に特別色が濃い部分がありますが、これは割れている部分に埋め物をしています。割れが貫通していなければ、構造的には問題ないのですが、お客様は木構造のことを理解されていないので、見た瞬間のイメージで判断されてはいけないので埋めているそうです。私から見れば反対に不自然に見えてしまうのですが・・・。
DSC02875.jpg

木の風合いはお客様の好みにアレンジできます。最近は柿渋が多いですね。当社でも使ったことがありますが、最初は分かりにくいです。
DSC02880.jpg

石とモザイクタイルをたくさん取り入れたデザインが特徴のようです。
DSC02871.jpg
DSC02870.jpg

壁はすべてオリジナルの漆喰を使用しています。

繋ぎに繊維質を多く使っているので神社やお城のようなツルッとした仕上げは出来ないそうです。

漆喰の欠点は仕上げが非常に難しく、どうしてもいたるところで隙間が開いてしまうそうです。5ミリ程度の大きな隙間もたくさんありました。それが許せないお客様には漆喰の壁は無理とのことでした。
DSC02877.jpg

床は無垢の木を使っていました。季節の変化で木が収縮するので、材料同士の隙間を大きくしていましたが、ゴミとかが溜まって取れなさそうでした。

一部では床鳴りがひどく、かなり大きな音が歩く度にしますがすぐに慣れるとのことです。これも許せないお客様には無垢の床は無理とのことでした。

感想としては家に入った瞬間に、空気の質感が違うのなと感じました。(体験者個人の感想です)アルミサッシを使っているので完全は自然派住宅とは違いますが、割安な自然派住宅といった感じでした。








コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 岡田専務のブログ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。