スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同級生の実家①

昨年末の26日に緊急の電話

高校の同級生の実家で、洗面化粧台から漏水しているとのこと

床が濡れていることに気付き、収納部を空けてみると水浸しになっていたそうです。

急いで向かい、まずは漏水箇所の確認です。

DSC_1550.png

給湯側のD式止水栓胴体と止水栓の接続部分からの漏水を確認しました。

DSC_1540.png

20年近く経っているお家なのでどうしても水廻りはやられてきますね。

洗面化粧台も交換しないといけない状態です。

新しい止水栓部品はすぐに手に入るのですが、年末の最終の金曜日なのでみんなてんやわんやの時期です。

安心して年を越すためにも何とか年内に漏水の処置だけでもと、業者さんに頼み込んで月曜日に無事漏水は止まりました。

年が明けてからでないとメーカーも動き出さないのでカタログをお渡しして年内の仕事は終了しました。

新年のご挨拶とともに商品の選定をした結果、TOTOのサクアで洗面ボウルが丈夫で長持ちする陶器製のものに決定

cabi_7_p4.png

商品はこの前ブログで紹介した、結婚式でいろいろやらせてもらった同級生の会社から調達です。

仕事をくれるのも、してもらうのも同級生。

なんだかとてもうれしいです

工事当日の朝に現地で商品を受け取り、作業開始です。

まずは古い洗面化粧台を撤去します。

DSC_1603.png
DSC_1620.png

続いて幅木に当たるところなどを加工していきます。

DSC_1622.png
DSC_1621.png

そして洗面台を取り付けて。

DSC_1623.png

ミラーを取り付ければ完成です。

DSC_1630.png

更に、シロアリらしき虫を見つけたので調査してほしいとのご要望がありましたので、キッチンにある床下収納庫から探検です。

洗面所の下に到着すると床下地材の濡れていた部分は染みになっていますが、触ってみると乾燥していました。

DSC_1610.png

やっぱり床下は換気が大事ですね。

一部にカビが発生している部分がありましたので結構前から少しずつ濡れていたみたいですね。

DSC_1614.png

シロアリは確認できませんでしたと報告すると、安心されていました

そして更に、キッチンの蛇口部分からも漏水があるとのことでこちらも交換です。

DSC_1562.png

蛇口に浄水器が取り付いていて、邪魔だから何とかしてほしいとのご要望にも解決策を講じました。

DSC_1557.png

こんな感じです。

DSC_1627.png

「スッキリとした」と喜んでいただけました

来週はまた別の同級生の実家の改修工事があります。

ありがたいことです


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 岡田専務のブログ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。